上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.26 おめでとう!
もう、きっとこのブログを見てることもないだろうから…

えっと、もう何度か書いてる、私の高校時代からの友人。
バンドを経てグラビアを経て、
沢山のことを乗り越えてきた大好きなあの子が

ついにCDを出すそうです!!!!!!



もうね、私は「おめでとう」なんていう一言では表しきれないくらい嬉しいよ。


今は全然ライブにも行けなくてさ、
グラビアも休止してるから姿を見ることが全然なくなっちゃったんだけど
忘れたこと無いくらいに応援してます、私。
だって、頑張ってたもん。

高校の時のこの子の存在は、私の中で余りにも大きくて
この子に影響されたことは沢山あって、
中でも「バンド」というものに関しては殊更。

ライブをしてる姿を見て、
単純な「私もやりたい」な憧れと、頑張ってる姿に「自分も頑張らなきゃ」という刺激。
順調に進んでた矢先のボーカル脱退は、歩んできた道を知ってるだけにこの子と他のメンバーを思って辛かった。
解散した時は本当に淋しかった。

それでも、新たな道を歩み続ける姿に、すごく感動した。


住む世界は全然違ってしまうけれど私はこれからもずっと応援していたいし
バンドとしてでない本名の彼女とずっと友達でいたい。


というわけであえてカテゴリーを「音楽」にしました。
もしよければコチラで視聴してみてください。

人それぞれ好みってのがあるから…
正直、私はこういう曲は好みではないんだけど…
彼女達の想いとか、キラメキが沢山詰まってるこの曲、すごく良いと思う。
スポンサーサイト
2007.04.23 給食
私の立場は、給食を教室で食べられないんですね。
「担任外」として、職員室で食べるんです。

でも今日!
自習監督に行ったクラスで給食食べました!!!!!!!!!

やっぱねー、給食は教室で食べるものですね。
職員室で食べる給食だってそれはそれで楽しくて美味しいんですけど
教室で子供達と一緒に食べる給食は別物でしたね。

「おかわり」とかさ、クラスごとにルールがあったりするわけですよ。
それが見てて面白かったですね。
でも食管が空っぽになるまで食べてくれて気持ちよかった!
栄養士さんと給食調理員さんと喋ったばっかりだったから、私も嬉しかった!


やっぱさー、給食っていいよね。
今日は
やきそば・こどもパン・ヨーグルトポンチ。

明日はカレー!!
楽しみすなぁ楽しみすよぉ。


今日は1年生の給食開始日だったんですけど
準備もしっかりできて、美味しく食べられた様子でした。
よかったよかった。
保護者の方にも見ていただきたい姿でしたよ。



給食ってね、すごい大変なものなんですよ。
栄養士さんが毎日頭をひねらせてます。
調理員さんも大汗をかきながら調理してくれます。

毎日ありがとうございます!!!
2007.04.16 春の景色
今日は雨ですけどね、
ここのところ暖かい日が続いて、仕事の帰り道は薄いコートを脱いで
カーディガンで自転車をこいだりしてました。

4月の頭から色んな春の風景を撮ってみたので色々載せてみます。



学校にある桜。
ケータイのカメラで撮るとコレだから…うーむ。
miyasyousakura


DVC00113.jpg


miyasyousakura


桜のおまけ。日比谷のあたり。
DVC00116.jpg




菜の花。
帰り道に沢山咲いています。
DVC00101.jpg
(遠くから)

DVC00102.jpg
(近くから)



たんぽぽ。
これは帰り道(1枚目)と、近所のコンビニにて私のチャリと(その他)。
DVC00080.jpg
(わかりづら!)

DVC00104.jpg

DVC00105.jpg




改めて、春って素敵な季節だなぁと感じましたな。
だって色とりどりなんだもん。






おまけ。
DVC00106.jpg

デブ猫です。
本格的に「先生!」と呼ばれ始めて1週間。
まだまだわからないことだらけだけど、それなりに慣れてきたような気もします。
それに、今はまだ楽しいことだらけです。
給食も美味しいです(我が市は給食が美味しいことで有名なのですよ)


水曜日から授業と給食がスタートして、学校が学校らしく動き始めました。
私も授業に入って児童のサポートをしています。

子供に懐かれることがなかった私なので、意外にも懐かれていることがとても嬉しいと同時に
懐かれなれてないものだからどうしていいやら戸惑ってもいます。
でも子供達は本当に可愛い!


先生方も色々と気にしてくれます。
どうだった?とか聞いてくれます。
雨が降ってしまうと自転車通勤の私のことを気にかけてくれます。
中でも校長先生には非常によくしてもらっています。
いつでも心配してくれて応援してくれて
あまりに良い人過ぎて申し訳ない気分になるくらい良い人です。


一週間、やっとこさ過ぎた感じです。
朝8時に自転車で出発、30分で到着。5時間目までの勤務時間で3時ごろ学校を出る。
帰宅したらすぐに洗濯×1~4回(日によりけり)して、お風呂掃除して、夕飯の支度して…
・・・完全に主婦先生です(笑)。
でもね、いくら先生と呼ばれたって、私はただのパート職員ですから、他の先生方に比べたら
とっても楽チンなはずなのに…やっとこさ、だったんです。
もっと頑張らなければならないですね。

たまにハッと気づくと、自分が教育実習気分でいることがあります。
で、落胆。
確かに仕事や何やらは正式な教員に及ばないけれど
態度くらいはしっかりと教員であるように、心がけなければなりませんな。



土日休んでまた来週一週間頑張ろう!!
うーん。
先生なんて呼ばれていいものか。




今日は始業式と入学式があって、
全校児童の前で挨拶なんてしちゃいました。
いやー。なんだかねぇ。

全校児童がホントに少ないから、体育館の前半分で収まりきっちゃうし
ステージに立つと全員の顔が見えちゃうし、
マイクなくても声通っちゃう。
新入生にいたっては、ホントに少なくて
なんだか淋しい入学式だなぁとまで思ってしまった…
でも、児童にとっては勿論なんだけど、
働く方にとっても、児童数が少ない故の良さがある。
これはこれで、すごくいいなぁと思ったりもしたしね。


おまけに良い子達だ、まったく。
さすが、田舎の小学校だ。まったくもって。


桜も、ギリギリもった感じかな。
キレイでした。



私の立場は言わば補助、だから
他の人よりちょいと余裕もあるし、14:45には終了して帰れるので
今日はこうやって帰ってきてからネットやるようなゆとりもあるけど
これからは全然無いんだろうな・・・ううう。


がんばろ。
2007.04.06 怖いよー
イヤー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

マジでヤバイです。
だって年金払えないもん!収入が少なすぎる!
こわーい、社会人こわーい、こわぁぁーい!!!!!




というわけで、これから更新頻度が更に減りそうです…
ケータイ駆使しようかな、とも思ったのですが
実はケータイ代3月の払ってません。ダメ子です。ダメ社会人です。
あーもう、やだーん。
無事に、初出勤を終えて帰って来ました。

というか、本来だと私は今日行かなくていい役職なんですが特別に行ったので
2時間ぐらいで早々に帰されました。
3時間睡眠で朝早くから行ったから、ちょっとラッキー。


これで、本格的に勤務が始まるのは9日の始業式からです。
始業式では全校児童の前で挨拶が…あら、ドキドキする(笑)

どこの学校でもされるのですが、新しく来た先生の下駄箱・ロッカーには
「ようこそ!」と書かれたお花が付けられています。
机にも飾りつけがされます。
単純な私ですから、そういうのがイチイチ嬉しかったです。


全校児童が300人に満たない、少子化真っ盛りの小学校です。
各学年も2クラスずつしかありません(1クラスの学年も1つだけ…)
児童数が減ったことで使われなくなった教室や昇降口があり、それが物置のようになってしまってるのが少し、悲しかったです。


2階への階段をのぼっていると、ちょうど踊り場の窓全面に
外に咲く桜が映し出されます。
3階へ上がるときには窓全面で桜を見下ろせます。
写真に撮れないのが残念…

ある廊下からは、晴れたに日は奥多摩の山並みが見渡せて、
更にその山並みの奥には富士山が見えるとのこと。
晴れた日に、見るそこからの景色が楽しみです。

隣接している保育所は私が1年間通ったところです。
もう今日は子供達が走り回ってました。
見てるだけで、なんだか私もワクワクしてしまいました。

児童数が少ない分、職員数も少ないです。
だから「先生方一人ひとりのお力が、とても重要です」と言われました。
私は…授業もしないし、パートだし、「教員」ってわけではないんだけど
それでも児童から見たら「先生」だから…その言葉を心に留めて頑張ることにします。
また、児童数も職員数が少ないからこそ、人間と人間の距離がとても近いです。
職員室も、こんな狭い職員室見たことない!ってくらい狭くて驚きました。
でも、私には合ってたかもなって思います。

ちなみに私は1~3年生の算数の授業に参加します。
授業中にウロウロして手助けをしたり。
1年生は最初のうちは算数っていっても算数ができるわけではないので
ほかの事のお世話もお願いしますって言われました。
やりがいありそう。
正直、算数は本気で出来ません。悲しいくらい出来ません。
でも頑張ります。


教員というのは、基本的に世間知らずです。
というのも、教員には「学校」という社会しか存在しないからです。
だから私も、学校という社会しか見られない世間知らずになっていくのだと思います。
同じように今日入社式を迎えている友人達は、明日から通常勤務が始まることでしょう。
そうして、グングン社会人として成長していくことでしょう。
また、他の子たちに比べ、かなり楽出来ることになるし、甘いです。
だから、どんどん取り残されていくことが怖くて仕方ありません。
けど、どんな形であっても、自分のやりたかったこと・興味のある、関わりたいと思っていたことの極みである学校で働けることは、
やっぱり幸せです。

今日、顔合わせの自己紹介で、本当に自然に
「学校で働くことが夢だったので」って言葉が口から出たんです。
自分でもビックリしたけれど、でもそれって嘘じゃないんだろうなって思ってます。



9日まで、部屋を片付けたり他にも必要なものを揃えたりして
始業式以降の勤務に備えたいと思います。

よし、がんばろ!
2007.04.01 4月1日です
4月1日になりました。新年度の始まりです。

私は今日から「学生」という最も実りある、そして最も快適で、もっとも甘ったるい最高の身分から脱却し
「社会人」という厳しく辛い身分にならなくてはなりません。

けどまだ、こんな時間に起きてこんなことやってます。
どうしようもありません。
部屋もカオスなままです。片付けるどころかもうなんていうか…。


学生、という時代。
児童・生徒を越えて得た、学生という身分。
それは余りにも居心地がよく、快適でした。
辛いことは沢山あります。大変なこと、苦しいことも山ほどあるけれど
それでも楽しくてたまらなかった、学生時代。

自分に一番甘かった学生時代。
大学の校風もあったのかもしれないけれど、とにかく緩かった。
昔は早起きが出来る子だった私が、早起きからは一番遠い位置にいる人間に成り下がった、学生時代。
“何でも出来る、しっかりしたお嬢さん”だった私が
“だらしのない、何にも出来ないダメ子”に成り下がった。
遊ぶお金も無かったし、親には謝っても謝っても謝りきれないほどに迷惑をかけた。
それでも、楽しくて仕方がなかった、学生時代。



寝坊、遅刻、自主休講、昼夜逆転。
やりすぎたバイトと、おまけ程度の恋愛。
缶詰になった(居眠りした)図書館と、離れられないパソコンルーム。
プリントの余白の落書きと似顔絵、筆談。
止まることのない授業中の妄想。
用もないのに立ち寄った部室。ベースを担ぎ、アンプを持って登った階段。
時には憎みもしたけれど、愛して止まない仲間達。


年間およそ100万の学費は、こうやって私のくだらないキャンパスライフに散っていきました。

それでも、充実してたと言いたい、学生生活。


感謝しても仕切れない、沢山の人々。
言葉にするのは難しすぎて、誰にも何も言えてません。ごめんなさい。
全ての人に、感謝しています。





6年間の児童、2つの3年間の生徒、そして4年間の学生生活。
あまりに早く過ぎてしまって、
目の前に突きつけられた「社会人」という現実に、自分が追いついていけません。



今日は4月1日。
1年に1度の、嘘が許される特異な日であるのに、
嘘ではない逃げることの出来ない現実が押し寄せて、死にそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。