上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.31 10年
10月31日が終わる前に。




今日で10年。
あの日からもう10年。

早かったなぁ。
あの時、ダッサイ制服来てた私も、
今やおばさんです。


10年たって、やっと文字によって想いを伝えてくれた。
今まで一言も、一文字さえも話に出されなくて、
なかったことにされてしまうんじゃないかと、不安で。
でも、そんなはずはないんだよね、もちろん。
10年分の言葉を、ありがとう。






トトロの見える大人にはなれなかった。
でもこれからは、大人になろうとしているこども達が
純粋な気持ちをもったまま、
「トトロの見える大人」になれるように、教師という立場からがんばる。


ありがとう、華月。
ありがとう、有紀。



想いは、風化しない。
スポンサーサイト
2010.10.02 すべてに感謝
『人生悪いことばかりじゃないだろ』
という教頭先生の言葉が忘れられない。





私にはこの日はずーっと来ないんだと思ってました。


教員採用試験、奇跡の合格。
中学国語です。
来年からは本採用です。
さよなら、臨時採用のあたし。
今まで一次試験すら合格できなかったあたしが
二次まで一気に受かっちゃうなんて、いいのかなぁ。


二次受け終わったあと、その出来の悪さにかなり落ち込んで、
また来年確実だ、と炎天下スーツで泣きながら歩きました。
採用試験のあと、泣くほど悔しかったのは初めてでした。
やっぱりどこかで、本気じゃなかったんでしょうな、今までは。
採用試験には合格しなくても、合格してる人とほぼ同じように教員として働ける今の立場は非常にあたしとしては満足で、
そんならこのままでいいやって、どこかで思ってました。
だから、本当の本気ではなかったんだと思います。

でも、臨時採用は結局「臨時」だから、
結局扱いは良いということはなくて、
悔しい思いや辛い思いも沢山してきました。

これからはその分、心置きなくやってやります。

でも、臨時としての4年があるから、合格にたどり着いたのは事実。
この4年は、これから先の教員生活での糧になるに違いありません。


ちゃんと考えなきゃいけないこの先の問題は山ほどあるけど、
今はまず、沢山いる受験者の中から私を選んでくれた
県の教育委員会に感謝。

力を貸してくれた皆様に感謝。
すべてに感謝。


苦労するのは目に見えてる。
今までだって大変だったけど、
それよりうーんと大変なのはわかってる。

やるっきゃない。

あたしが、受かった分悔しい思いをしてる人の分もやってみせる。
同期になれなかった友達の分まで、やってみせる。

皆さん、応援や御協力、本当にありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。