上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.09 教 育
えー、無事ではなかったのですが、とりあえずは卒論の原稿を製本所に出せました。
あとは出来上がりを待って提出するのみです。
へへ…

んでもねー、ホント
最後焦りすぎて書きたかったことが全然書けてないの。
序章を先生に見せたときは
「コレ書いてて楽しかったでしょ?文章から伝わってくる」
って言われたのです。
(そりゃそうです。プログラム見ながら書きましたから)
きっと卒論として全てを読んだ先生はこういうと思います
「コレ、最後時間なくて詰めなかったでしょ?これじゃ半分も出来てないもんね」
ごもごもごもごもごもっともー!!!!!!




さてさて。
そろそろ現在内定いただいてる会社、辞退しようと思います。
先日研修に行って、やっぱり無いって思ったんです。
同じ「教育」であっても、私の考えている「教育」と違いがありすぎる。
学校教育の塊である母と、てっぺんからつま先まで教育者だった祖父に育てられた私は
やっぱりどう考えても塾教育は無理だ。
それは就職活動したときからずーっと思ってたことで。
塾教育を否定しているわけではないんだけど
でも自分の考える教育とは違う。
だからどうしても「教育関係」ってことで就活してると学習塾が多くなっちゃうんだけど
私は学習塾で、ましてや講師としてなんて働けない。
その会社は「講師ではなく教師」だと主張するけど、君たち講師だと思うよ、うん。

研修で模擬授業をやって、それをクリアしていかなければならない。
でもその模擬授業も見てて納得いかない。
こんな授業でいいの?って人が合格。
おぉ、これはよくやってるなって人が不合格。
強調したいところは大声を出せって、耳を塞ぎたくなるような大声。
多分それがイヤで、違う強調の仕方した人、不合格。

んで実際にそれで合格してる人が今、教師として現場で教えてるんだけど
どれもこれもどうってことない授業だよ。
まぁ塾だからそれでいいのかもしれないけど…
実際、テストとか採点してると
「なんで小学生のうちから塾に通っててこんなところ間違えるの?」
っていう間違え方なんだよね、みんな。

塾ってやっぱりお金を貰って教えてるんだから責任あるよ。

私は塾なんて中学生の時から行けば充分だと思ってるって言うか
小学生のうちから宿題以外の勉強はしなくて良いと思う人だからアレですけど
ただ各家庭やその子の考えがあるから、高いお金払って塾に通わせるんでしょ?
それでも身につかなかったら意味ないじゃん。
まぁ私も中学生の時に身につかなかった人だけど。

それなのに、あんな授業で威張ってるようじゃしょうがない。
そんな会社にはやっぱり入りたくない。

だから、辞退しよう!!

・・・と、やっと決心をした矢先です。

インターン先で、次の研修の模擬授業を見てあげるから
来週までに準備して来いといわれてしまいました。
次の研修に行く前に辞退しようと思ってたのに。
校長もその他の人達もそのつもりで大盛り上がりで引くに引けない…




それにしても、
ここ辞退するとまたゼロに戻ってしまうのも気がかりだな。
ここ一ヶ月でまた2つ落ちてるし。
もう今からだと営業職ばっかりでさー。
それこそ教育ともかけ離れてるし…

やっぱり、来年の教採か公務員試験受けようかな…。
親とね、話していても
「やっぱりお前みたいなのは公務員が一番あう」
って言われるんよね。
自分でもそう思うところはあるし。
教員という地方公務員をやってる母が言うんだから間違いない部分もあると思うし。
ただ教員は向かないって言われたけど。

それとも、どうしても諦めきれない第一志望だった会社、
受けなおさせてもらえないかな…。

悪あがきだなー。

教育一本でここまでやってきて、ここまで落とされてるんだから
私は教育じゃ無理だってことなんだろうにな。

もっと広い視野で見なきゃいけないとも思うし
違う視点から見なきゃいけないこともわかってるんだよ。


でもどうしても教育に携わりたいんだよ。

だったら何故辞退するのか。
そんなワガママを言っていられる時期はとっくに過ぎてるのではないか。

いい加減、目を覚ませとか言われそうだ。



あーもう、悩む~~~~~~~~~~~~~~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://78bears.blog25.fc2.com/tb.php/252-cca2b131
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。