上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年初花火を見ました、昨日、ベランダで。
小雨と風のせいですぐに消えちゃう感じでしたが…とてもきれいでした。
天気が良かったら、もっとよかったのにな。

花火って切ないよね。
私ったらよくまぁ今まであんな切ないものを一人で見てきたなぁと思います。

そう、大概一人だったから。
だから、大学一年の夏合宿の時、みんなで見た河口湖の花火は忘れられません。
あのときは、生まれて初めての合宿で、朝から晩までみんなとずっと一緒にいられるのが楽しくて、
ずーっとベース弾いてられるのが嬉しくて、
バンドやれるのが幸せで。
それから、私、いつだって「一人ベランダ花火鑑賞」の人だったから
頭の上で開く巨大な花に圧倒されっぱなしで。
自分の上に降ってくるんじゃないかっていう花びらに緊張して。
目に映る花火と同時に身体の奥まで響き渡るドンッていう重低音にウキウキして。
とにかく忘れられない花火だったな。
あのときの花火は本当に忘れられない。
みんながわいわい見てる横で、ただただ黙って、色んな事を考えながら花火を見上げていました。

花火って一瞬で終わっちゃうから。
その一瞬を見逃さないようにして、その一瞬を必死に脳みそに焼き付けて。
そうしていたことで、物事の「一瞬の大切さ」を学ぶことが出来ました。
打ち上がって花開いた瞬間に、精いっぱい輝いてすぐに散ってしまうから、物事の「儚さ」を考えさせられました。

そう、花火って、だから切ない。
そうやって、一瞬であることとか、儚さであるとか、
そういうことが頭の中でずーっと回ってしまって。
楽しく花火を見られる事ってあんまりないような気がするな。


明日からは小学校の免許を取るために、またしばらく大学生に戻ります。
今回は長いです。来月の15日までノンストップで大学生です。
いろいろと考えたいと思います、大学生に戻ってる期間に。
長いけど…きっと振り返れば一瞬で終わってしまう期間だと思うから。
いまのこと、これからのこと。
考えて、いつか花火のように、一瞬でも輝いてから散れたらいい。




タイトルはご存じaikoの「花火」
花火の曲っていったらコレを浮かべる人も多いんじゃないかな。
でも私にとってはドリカムの「あの夏の花火」って曲です。

よし、がんばります、出来る限り。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://78bears.blog25.fc2.com/tb.php/468-569801f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。